化粧水などもランキングをチェックしておく

  • 配合している防腐剤比較、パラベンと天然物質、化粧水

    • 化粧水の品質を保つ為に防腐剤を使用します。


      幾つも種類がありますが、雑菌や腐敗の原因になる存在が発生しない、生存できない様に用いる事が基本となります。

      化粧水の口コミの新しい魅力を紹介します。

      メリットとしては添加した化粧水が腐敗しない特徴と、皮膚に塗布した時に肌に存在する雑菌やアクネ菌を死滅させてくれる事です。
      デメリットは刺激がある、発癌性のある防腐剤がある事です。

      防腐剤を比較すると、大きく分けて威力が強い物質と、皮膚に対してはデメリットは少ないが菌には強い効果を発揮する物質に分ける事が可能です。前者は安息香酸ナトリウム、ブチルパラベンやプロピルパラベンが挙げる事が出来ます。

      Girls Channelをご紹介します。

      後者はメチルパラベン、フェノキシエタノール、高濃度のビタミンC、無水エタノールです。


      安息香酸ナトリウムは発癌性の疑いがあり、指定成分に当てはまります。
      微量ならば問題はないですが、大量に配合すると大変な事になりますから、化粧水に配合されている場合、成分記載表を確認して何番目に表記されているか確認すべきです。


      肌に利益あるエキスと比較すると、添加する量は1%以内という少ない量で良い為、最後の方に記載されています。メチルパラベンは他の防腐剤と比較すると、デメリットが少ない化学物質です。
      化粧水に配合する場合には、微量で済む為、深刻に考える事はないとも見做せます。しかし、ブチルやプロピル、エチルパラベンは使用する際には注意が必要です。同類に属しても効果や性質が違う面があります。



top