化粧水などもランキングをチェックしておく

  • 化粧水、添加しているレシチンと合成界面活性剤の比較

    • 化粧水に油を加える場合、必ず乳化剤や合成界面活性剤が必要です。

      乳化剤とは本来、混ざり合う事のない水と油が一体化する為に用いる「媒体(仲介)」物質となります。

      化粧水の効果の最新情報が揃っています。

      合成界面活性剤は発泡剤とも言えますが主に洗浄する為に用いる化学物質です。少量を化粧水や乳液に配合して、独特の触感を作る為に必要な場合があります。

      乳化剤にも幾つか種類がありますが、発泡しない性質も特徴的です。

      界面活性剤と比較すると、洗浄剤とは違って刺激性が少ない物が多いですが、天然由来と合成で作り出した、二種類の乳化剤があります。
      レシチンという成分は水と油を混ぜ合わせる力がありますが、卵の黄身や大豆から抽出が出来る、比較的、安全性が高い成分です。

      OKWaveの人気度が上昇しています。

      皮膚に付けると古い角質に微小な穴を空けて、隙間から入り込みます。



      この性質は皮膚のターンオーバーが早くて、垢が溜まりやすい人にはメリットです。

      通常、垢は皮膚に張り付いていて、そう簡単には落とせない問題があります。
      ピーリングを行うか、垢擦りでしっかりと落とす必要はありますが、そういった手段は比較的にデメリットが目立ちます。


      しかし、化粧水に配合出来るレシチンは無理なく、古い角質が落ちやすくなる様に働きかけます。


      敏感肌の人は避ける必要がありますが、ノーマル肌の人にはトラブルが発生しにくい物質です。
      合成界面活性剤は化学を用いて作り上げる物質ですから、アレルギーを誘発させやすいところがデメリットとなります。

      洗浄剤に配合すると十分に機能します。

top