化粧水などもランキングをチェックしておく

  • 無添加化粧水と化学物質多用のローションの比較

    • 化粧水にも種類がありますが、配合成分の視点ではっきり種類分けすると、三つのタイプが存在します。

      ビタミンC化粧水の情報を求める人におすすめです。

      一つは無添加化粧水、もうひとつは化学物質を多用して製造するローション、もしくは一部の人口的な成分を加えた化粧品です。


      刺激が少ないところで見ると無添加が適していますが、品質を保つならばある程度の化学物質は必要となります。

      人口的に作られた物質を多用して作ったローションは間違いなく、刺激がともないますから、使用する場合は注意すべきです。


      香料は石油から抽出した成分を、化学的な技術によって様々な匂いに変える事が可能です。
      薔薇の香りからグレープフルーツに似た匂いまで多種多様ですが、天然成分と比較すると欠点はあり、肌が弱い人には刺激になります。


      着色料は天然と合成がありますが、後者を使用した化粧水は現在では少なくなってきている事が現実です。


      発癌性の疑いがあり、比較的、皮膚にかゆみや湿疹を招きやすい物質ですから、使用は控えた方が無難です。
      しかし、メリットとしては菌の繁殖を抑制する、殺菌効果がありますから、皮膚に塗布する以外では活躍します。

      YOMIURI ONLINEについて興味がある方にオススメのサイトです。

      無添加の化粧水はそれらを使わずに、天然成分を中心に製造していますから、肌に優しいメリットが強みです。



      防腐剤ならメチルパラベンの代用として、エタノールやオリーブリーフエキス、ビタミンC誘導体を用いて品質を保つやり方もあります。

      比較的、デメリットが少なく安全性が高い傾向にある為、化学物質が苦手な人なら無添加が適します。


top